パウンドケーキづくりのこつを伝える村川さん(右)=佐賀市のキッチンmamano・te

 佐賀市中心部の15店舗で、商店主が知識や技を伝える「第4回佐賀まちゼミ」が開かれている。カフェやダンススタジオ、布団屋が特徴を生かして、10人以下の少人数制講座を開催。打ち解けた雰囲気で学ぶことができ、受講者は日々の暮らしに生かしているようだ。3月10日まで。

 同市駅南本町の「キッチン mamano・te(ままのて)」では、同店人気のパウンドケーキの講座を開いた。シェフの村川美貴さん(41)が、ベーキングパウダーなしで、アレンジ自在のレシピを紹介した。

 薄力粉や砂糖の分量は卵の重さと同じで、参加者は「材料もシンプルで覚えやすい」と感心。参加者と講師が交代で生地を混ぜる姿もあった。

 まちゼミに初めて参加した同店オーナーの中溝海帆さん(45)は「お食事を提供するだけでなく、お客さまとゆっくり会話ができてうれしい。新しいメニューの考案にもつながる」と話した。

 まちゼミは「作る」「健康」「きれい」などをテーマに各店が開講している。肩こりや睡眠の質改善、爪の甘皮のお手入れ方法など個性的な講座がそろう。問い合わせはNPOユマニテさが、電話0952(22)7340。ウェブサイトでも確認できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加