昨年3月のダイヤ改正の経費削減効果について語る青柳俊彦社長=福岡市のJR九州本社

 過去最多となる117本の減便となった昨年3月のダイヤ改正について、JR九州の青柳俊彦社長は26日、福岡市で開いた定例会見で「(運行本数の)7%を削減し、乗務員経費などで5億円程度の収支改善効果があった」と見解を述べた。

 青柳社長は、詳細な数字を公表していないと前置きしつつ「電気代や軽油の値上がり分をカバーできるほどではなかった。ただ、減便しなければ十数億円コストが上がっていたことになる」と一定の成果があった点を強調した。

 ダイヤ改正の必要性に関しては「物議を醸したものの、ローカル線の経営状況を見ればやらざるを得なかった。収支を改善するために今後も実施する可能性はあり、限られた経営資源をどう活用すべきか地元の皆さんと話したい」と改めて理解を求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加