明治時代に生まれた佐賀の民謡「梅ぼし」を歌い継ぐ「第46回梅ぼしまつり」が26日夜、佐賀市の楊柳亭で開かれた。愛好家ら約110人が粋で軽妙な歌詞や心地よい節回しなど郷土の伝統芸能を堪能した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加