課題がある中でも利害を調整し、現実的な落としどころを探っていくのが県政運営の在り方なのかもしれない。それでも譲れない一線はある―。そんな思いを強くした一般質問2日目の質疑だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加