佐賀大学は、25日に実施した一般入試前期日程の「化学」で、出題ミスがあったと26日、発表した。

 理工学部理工学科の受験生のうち、化学を選択した266人が対象。問題1の(4)で、フッ化カルシウムの格子エネルギーをヘスの法則を用いて計算する問題で、問題の中で示した熱化学方程式に誤りがあり、「+(プラス)」とすべきところを「-(マイナス)」としていた。対応策として、それぞれの符合で導いた解答を二つとも正解として採点する。

 佐賀大は入試ミス防止のため、試験前の点検を3回以上行っているほか、県内の予備校に問題と解答例の確認を依頼している。予備校から25日夜に指摘があり、26日に出題ミスと判明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加