3月29日に告示される佐賀県議選の小城市選挙区(定数2)に、小城市の文化団体代表の藤田直子氏(66)=三日月町=が26日、無所属で立候補する意向を明らかにした。同選挙区では自民党の現職2人が立候補の意向を示しており、選挙戦になる見通し。

 藤田氏は小城高-神戸女子大卒、神戸女子大大学院修士課程修了。兵庫県立高校の非常勤講師などを務めた後、2013年に両親の介護のため帰郷、17年3月の小城市長選に立候補し落選した。出馬の理由を「全ての世代に関わっていける身近な政治を目指し、平和で平穏な暮らしを支えたい」と述べ、子育てや教育環境の充実などを掲げる。

 小城市選挙区では、いずれも自民現職の藤木卓一郎氏(51)=5期・三日月町、池田正恭氏(63)=1期・小城町=が立候補を決めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加