大東文化大で書道を学ぶ山口雄生さん(佐賀市出身)と蒲地功太郎さん(雅号・泰雅、武雄市出身)が3月7日から、佐賀市の佐賀県立美術館2階画廊で卒業記念の書作篆刻(てんこく)展「墨縁(ぼくえん)」を開く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加