NPO法人「元気・勇気・活気の会」とサガ・ビネガーが共同で開発、商品化した菊芋酢

 菊芋(キクイモ)は古くから佐賀市北部中山間産地で栽培されていましたが、なかなか、消費者に認知されていませんでした。最近は新聞やテレビ、ネット、大学などで菊芋の健康食材との良さがPRされ人気が高まっています。

 消化吸収されにくい多糖類のイヌリンを多く含み、血糖値の上昇抑制など、健康食材として注目されており、また、繁殖力が強く、地力の低下した遊休農地などでも栽培しやすいため、高齢農家にも取り組みやすく、中山間地で増加している遊休農地や耕作放棄地の活用が期待できます。

 菊芋の青果は、11月から3月ごろまでしかありませんので、年間を通して食べることはできないため加工する必要があります。県の事業を活用し「菊芋酢」や「粉」を開発し、簡単に年間を通して食べられるようにしました。今後、佐賀の特産物として、地域おこしにつながることを期待しています。

 (NPO元気・勇気・活気の会副理事長・北島忠俊)

このエントリーをはてなブックマークに追加