佐賀県は新年度、3回目までの体外受精、顕微授精に対する助成金を増額する。本年度当初の規定で上限額が1回当たり25万円となっているが、同30万円に増える。助成の増額で、治療効果が高い早期の受診を促す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加