佐賀県聴覚障害者サポートセンターで開かれた要約筆記講座の様子=佐賀市

 佐賀県聴覚障害者サポートセンターは、3月2日から30日まで要約筆記者の養成講座を開く。全5回のミニ講座で、文字通訳による「情報保障」に関心を持ってもらい、5月から開く本講座の受講につなげる。

 要約筆記は、講演会などで話された言葉を文字に起こしてスクリーンに映し、同時通訳する。2人1組で文字をパソコンで打ったり、手書きしたりする。ミニ講座では、パソコンの専用ソフトの使い方などを学ぶ。会場は佐賀市の同センター(佐賀商工ビル4階)で毎週土曜に開き、最終日は3月30日。定員10人でテキスト代500円が必要。

 県内の要約筆記者は約20人で、慢性的に不足している。さらに2023年の佐賀県国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会でも、情報保障が必要になるため筆記者の養成が急務となっている。

 5月からの本講座は、約半年間で全84時間。認定試験は毎年2月に実施されており、合格率は約3割。同センターは「まずはこのミニ講座で興味を持ってもらいたい」と話す。受講にはパソコンが必要だが、貸与の相談にも応じる。問い合わせは同センター、電話0952(40)7700。

このエントリーをはてなブックマークに追加