県有明海漁協は、防衛省が求めている駐屯地予定地の敷地外からの目視調査を受け入れるかどうかについて、「検討するのはノリ漁期が終わる春以降」との姿勢を変えていない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加