園児と交流する自治体幹部=江北町の幼児教育センター

 地方自治体の現状や課題を知ろうと、オーストラリアとニュージーランドの自治体幹部5人がこのほど、江北町を訪れた。町の保育施設などを回り、地域住民らと交流を深めた。

 事業は財団法人・自治体国際化協会(クレア)が主催。一行は15日~20日の日程で江北町や伊万里市などを訪れた。

 19日に訪問した江北町の幼児教育センターでは、園児が歌を歌ったり、折り紙を贈ったりした。その後、同センターの担当者が園内での取り組みや活動の様子を写真を交えながら説明した。

 一行はこのほか、江北町の「白木パノラマ孔園」や伊万里市のさが西部クリーンセンターなども視察した。

このエントリーをはてなブックマークに追加