唐津警察署員らが20日、唐津市のJR唐津駅で、事故防止の反射材の着用率を調査し、着用者は15・8%にとどまった。早稲田佐賀高の生徒らと協力し、着用の呼び掛けも実施した。 駅利用者101人を調査した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加