鳥栖-名古屋 前半、選手に指示を出すカレーラス監督=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 昨季14位からの巻き返しを託された新指揮官にとって厳しすぎる船出となった。サガン鳥栖のカレーラス監督は、0-4の大敗となった開幕戦の総括を問われると、首をかしげ、「映像を見て振り返らなければいけない」と言葉を絞り出した。

 試合開始からベンチ前に立ち、大きな声と身ぶりで選手に指示を送ったが、勝利は遠かった。

 攻撃面に関しては後半10分にFWトーレスのシュートがポストを直撃したことなどに触れ、「大きなチャンスを生かしきれなかった」と肩を落とした。守備については「(途中までは)FWジョーに数的優位をつくれていた」と評価。ただ先制点を奪われた後、立て続けに失点し、「失点の影響を受けすぎるのはよくない。メンタルを強くしないと」と語った。「今はとにかく前を向いてトレーニングを積み、次に向かっていきたい」とチームの立て直しを誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加