下水処理の過程でできる汚泥を利用した肥料で育てた野菜や米などを売る販売会が22日、佐賀市のイオンモール佐賀大和店で始まった。県産の食料品を紹介する「佐賀マルシェ」の一環として開かれている。24日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加