明治の時代、日本人が書いた3冊の日本人論。『武士道』(新渡戸稲造)、『茶の本』(岡倉天心)、『代表的日本人』(内村鑑三)◆中でも『代表的日本人』(Representative Men of Japan)は、内村鑑三が日本人の原点を示すため、地位や職種の異なる5人の人物を取り上げ、これが日本人です-と分かりやすく紹介した◆西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人の5人。1908(明治41)年に刊行された同書は諸外国で翻訳出版され、多くの人に愛読されたが、内村が詳述した5人に共通するのはモラル(moral)と徳(virtue)。これが世界の指導者たちを感動させた◆J・F・ケネディが第35代米大統領就任の時、記者から「最も尊敬する日本人は?」と問われ「上杉鷹山」と答えたエピソードはよく知られるが、鷹山は米沢藩を立て直した改革者としての顔だけでなく、私欲を断ち、藩政の透明性にことのほか努力した◆さて、日本の指導者安倍首相。在職通算日数歴代1位をうかがう強さだが、勤労統計問題でまたもや官僚の忖度(そんたく)が再燃。政治主導はいいが、おごりは戒めなければ。鷹山は常に自身の弱さと向き合い、領民の声に耳を傾け、過ちと分かれば恥じ入って涙を流し猛省したという。権力者の真心がそこにある。(賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加