台風や梅雨のシーズンを前に、多久市の牟田辺遊水池で27日、水防訓練があった。通常は田畑である遊水池を洪水調整に利用することを想定、関係者が道路通行止めの手順などを念入りに確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加