23日の開幕戦で先行発売されるサガン鳥栖のイヤーブック2019を手にするDF高橋祐治選手

 サガン鳥栖の「オフィシャルイヤーブック2019」が完成した。監督や選手のインタビュー、対談を盛り込み、鳥栖市の駅前不動産スタジアムである23日の開幕戦・名古屋戦で先行発売する。

 J1参戦8年目のシーズンに臨む選手たちの意気込みが詰まった1冊となった。目玉はフェルナンド・トーレス選手とイサック・クエンカ選手の対談。このほか、ルイス・カレーラス新監督のインタビュー、谷口博之選手と原輝綺選手の東京五輪対談、全31選手の紹介など充実した内容になっている。

 A5判72ページで1000円(税込み)。発行はサガン・ドリームス、企画編集を佐賀新聞社・佐賀新聞プランニングが担当した。

 一般発売は3月2日から。サガン鳥栖オフィシャルショップや佐賀市のスポーツバー「THE Sagan(ザ・サガン)」、県内書店などで扱う。問い合わせはサガン・ドリームス、電話0942(81)5290、佐賀新聞プランニング出版、電話0952(28)2152へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加