佐賀県内の5市町は22日、2019年度の一般会計当初予算案を発表した。唐津、小城の2市は前年度に比べて増加し、嬉野市と三養基郡基山町は縮小した。鳥栖市は市長選が実施されたため骨格予算を組んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加