通知書を受け取った瀬口さん(左から3人目)と県協会の川本会長(右)ら=佐賀市のアパホテル佐賀駅南口

 生命保険協会佐賀県協会(川本賢哉会長)は19日、高齢者が支援活動を行う「元気シニア応援団体」に対する助成金8万円を、高齢者福祉施設の友愛訪問活動を展開する舞・新鮮組(三養基郡みやき町)に贈った。

 舞・新鮮組はデイサービスなどの高齢者福祉施設を訪れ、マジックやハーモニカ演奏、体操などに取り組んでいる。贈られた助成金は使用機材の購入費用などに充てる。県協会の川本会長から通知書を受け取った瀬口孝幸さんは「活動が認められたことがうれしい。今後の活動の励みにしていきたい」とお礼を述べた。

 本年度は全国183団体から応募があり、55団体に総額500万円を助成した。

このエントリーをはてなブックマークに追加