佐賀市の旧富士小学校体育館改修問題で市は28日、秀島敏行市長らの処分案を市議会に提出する。この問題を調査してきた市議会総務委員会(山下伸二委員長、8人)が、26日の市議会開会日に最終報告をする予定で、その結果を受けての措置になる。処分案は13日に採決される見通し。

 処分の対象は秀島市長と御厨安守副市長の2人で、給与を減額する条例案。体育館改修を主導した畑瀬信芳副市長は既に辞職しているため含まれない。この処分案とは別に、関係した職員の処分も予定している。

 市議会定例会の会期は3月22日までの25日間。一般質問は1日、4~8日、11~13日。

このエントリーをはてなブックマークに追加