多久市の小中一貫校、東原庠舎(とうげんしょうしゃ)東部校で20日、卒業を控えた9年生(中学3年生)38人が連だこを揚げた。将来の夢や抱負、家族や恩師への感謝を一文字ずつ記したたこが空高く舞い上がった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加