佐賀県は21日、唐津市肥前町と東松浦郡玄海町の仮屋湾で地元漁協が実施してきた養殖マガキや天然マガキ・アサリの出荷などの自主規制が解除されたと発表した。安全性が確認された。

 県はマガキの検査で国の規制値を超えるまひ性貝毒が検出されたことを受け、1月22日付で自主規制を各漁協に要請していた。その後の検査で3週連続で規制値を下回った。

このエントリーをはてなブックマークに追加