武雄市の武雄消防署(杵藤地区消防本部)で24日、消防フェスティバルが開かれる。心停止状態の人に電気ショックを与えて救命するAEDの講習や防火服着用など救命や消防に関する体験ができ、消防署員手作りの「消防特製カレー」も振る舞う。

 午前10時から3時間、開催する。会場には大人用と子ども用がある防火服着用のほか、煙が充満した箱の中を通り抜ける煙中体験、ロープにぶら下がって移動する渡過体験、消防車からの放水体験などの体験コーナーを設ける。

 消防車やはしご車、救急車も展示し、消防車との綱引き大会もある。各種イベントを経験するスタンプラリーも行い、4カ所以上回った人には、署員が普段から作っている特製カレーを振る舞う。

 フェスティバルは春の火災予防運動に合わせて開催している。

このエントリーをはてなブックマークに追加