グローバル・ティーチャー賞の最終候補者10人に選ばれた、私立立命館小の正頭英和さん(右)(バーキー財団提供・共同)

 【ロンドン共同】英国の教育団体「バーキー財団」は21日、世界の優れた教師を選ぶ今年の「グローバル・ティーチャー賞」の最終候補者10人を発表し、私立立命館小(京都市北区)の教諭、正頭英和さん(36)を選出した。最終的な受賞者は3月24日にドバイで開かれる教育関連のフォーラムで公表され、賞金100万ドル(約1億1千万円)が贈られる。

 英語教諭の正頭さんは大阪府吹田市出身。最終候補者入りに「日本における教育の質の高さを証明していると思う。指導してくださった方々に感謝するとともに、私も少しずつ日本の教育に貢献していきたい」と共同通信の取材に答えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加