今年最初の取材で、自分の残りの寿命を渡したいと思う程、心揺さぶられる言葉を持つ人に出会った。 「自分が作ったものに対して、うれしそうに、面白そうに発表しないと。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加