棚田ののり面が崩れ、地層があらわになっていた。昨年7月の西日本豪雨の爪痕が残る佐賀市富士町の杉山地区。棚田の崩壊を防ぐために積まれていたブロックは、あちこちに転がったままだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加