大学4年間の集大成となる書作展を開いている橋本菜津美さん=佐賀市のぎゃらりぃふじ山

 福岡教育大教育学部4年の橋本菜津美さん(22)=佐賀市、佐賀北高出身=が、書作展を同市天神のぎゃらりぃふじ山で開いている。大学4年間の集大成となる力作が並ぶ。24日まで。

 臨書や隷書などで書いた大作から掛け軸、木彫りの作品など11点を展示した。

 縦1・8メートル、横5・4メートルの大作となった臨書「裴(はい)将軍詩」は迫力ある太字で書かれ、勢いが感じられる。

 ケヤキを削って仕上げた「随(ずい)處(しょ)楽(らく)」は隷書で、特徴ある文字の形が美しい。橋本さんの好きな言葉で「いつどんなところにいても楽しむ心を持つよう、自分に言い聞かせている」という。

 ほかにも遊び心を込めてひらがなを書いた「いろは歌」や全体の構成と文字のバランスにこだわった「古今和歌集」など多彩に並ぶ。「文字の美しさや、書の幅広さを知ってもらいたい」と橋本さん。春から社会人となるが、「今後も公募展などに出品していきたい」と意欲を示す。

このエントリーをはてなブックマークに追加