天皇陛下在位30年記念式典が24日に東京の国立劇場で開かれるのに合わせて、佐賀県内でも記帳所の設置や慶祝行事を予定している。

 県は天皇皇后両陛下が来県された際の行幸啓写真展を県庁県民ホールで開く。23日~3月1日までで、1992年の地方視察と2006年の全国豊かな海づくり大会のほか、17年に鳥栖市のJR新鳥栖駅に立ち寄られた際の様子を写した66点を並べる。

 24日は吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)などが入園無料になる。対象施設は佐賀市の佐賀バルーンミュージアム、大隈重信記念館、浮立の里展示館、徐福長寿館、佐野常民記念館。唐津市の唐津城、曳山展示場、末盧館、旧高取邸、鯨組主中尾家屋敷、旧大島邸。

 県庁や市役所には記帳所を設ける。芳名帳は後日、宮内庁に届けられる。

 日時と場所は次の通り。

 県庁は23、24日の午前9時~午後5時▽佐賀市は21、22日午前9時~午後5時、市役所本庁と各支所の1階ロビーで。24日は午前9時~午後4時、本庁のみ▽唐津市は24日午前8時半~午後4時、25日午前8時半~午後5時15分、市役所本庁玄関ホールと八つの市民センター玄関で。

このエントリーをはてなブックマークに追加