海の環境保全の大切さを紙芝居で園児に説明=虹の松原

 四方を海に囲まれている日本列島。唐津も広く海に面しており、魚種豊かな玄界灘からさまざまな水産物が水揚げされ、私たちの食卓に並びます。風光明媚(めいび)な情景は多くの人々を引きつけ、心を癒やす憩いの場所でもあります。

 しかしながら一見きれいな唐津の海岸においても、よく見ると、ごみとして拾うことが困難なほど小さくなったプラスチック片などの人工物が漂着し、汚染されていることが分かります。

 このようなプラスチック片は、意図してか否か不明ですが、誰かの手から離れて直接海へ、川などから間接的に海へ流出し、時間の経過とともに小さく砕かれ海中に漂い、海洋生物が餌と間違って食べてしまうなど、環境だけでなく生態系にも悪影響を与えてしまいます。これが昨今のニュースで取り上げられている「マイクロプラスチックによる海洋汚染」です。

 海洋汚染の原因となるプラスチック製品を使用しないことは極端な考えのように思いますが、一人一人がごみを捨てないように意識付ければ、全ては無理でも大部分を防ぐことができるものと信じてやみません。

 海上保安庁では美しく豊かな海をいつまでも保つため、「未来に残そう青い海」をスローガンに海洋環境保全推進活動を行っています。

 唐津海上保安部においては管内の幼稚園から協力をいただき、環境保全を題材としたオリジナルの紙芝居を見た後、一緒に海浜清掃を行う活動を毎年実施しています。また小中学校の児童を対象とし、「未来に残そう青い海」をテーマとした図画コンクールを開催し、幼少期から海の大切さを知ってもらうための啓発活動に取り組んでいます。

 みんなでいつまでも美しい海を保てるよう努力していきましょう。(唐津海上保安部警備救難課救難係長・西村政巳)

このエントリーをはてなブックマークに追加