20日、ベトナム・ハノイで、韓国料理レストランに掲げられた、米朝首脳会談を歓迎するポスター(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、今月末にベトナムの首都ハノイで予定する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との再会談を巡り「最後の会談になるとは思わない」と記者団に述べ、3回目の会談の可能性があるとの認識を示した。早くも次回を想定した発言が出たことで、ハノイの再会談では非核化への大きな進展が期待できず、交渉が長期化する可能性が高くなってきた。

 ホワイトハウスによると、トランプ氏と安倍晋三首相は20日の電話会談で「北朝鮮の最終的で完全に検証可能な非核化の実現に向けて取り組む」と再確認し、緊密な連携で一致した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加