イラン戦を前に、笑顔を見せるバスケットボール男子日本代表のラマス監督=テヘラン(共同)

 【テヘラン共同】バスケットボール男子の2019年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選は21日にテヘランで行われ、F組3位の日本は同2位のイランと対戦する。20日は公開練習の前に日本のラマス監督が取材に応じ「いい状態。準備はできている」と抱負を述べた。

 日本は4連敗を喫した後に6連勝と巻き返し、勢いに乗る。イランを撃破すれば21年ぶりの自力出場に大きく前進する。ラマス監督は「うずうずしている。早く試合をしたい」と、はやる気持ちを抑えるように話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加