【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は20日の年次報告演説で対日関係に言及し、日本と政治対話、経済関係を発展させ、平和条約締結に向けて双方が受け入れ可能な条件を模索する用意を表明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加