4月に史上最年少の10歳でプロ入りする仲邑菫さんは20日、東京都千代田区の日本棋院で、台湾の棋士で女性世界トップクラスの黒嘉嘉七段と記念対局し、敗れた。対局はわずかなハンディをもらって打たれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加