昭和から平成にかけて、佐賀県内に、地域の店主が出資する「共同店舗」が増えた。地元の商店主たちが大型店に対抗するための生き残り策として機運が高まり、国や県も開業資金を融資して後押し。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加