撤去が始まった大手地区の鳥居=鹿島市

 佐賀県鹿島市の市街地で市道上にまたがって立つ「大手の鳥居」の撤去が進められている。築90年以上たって老朽化の懸念から、地元が対策を求めていた。危険性を考慮した市の判断で21日ごろまでに撤去作業を終える。

 鳥居は1927(昭和2)年の建立とされ、市街地内の生活道路に立つ珍しい立地だ。地元は、熊本地震を受けて鳥居の倒壊を懸念、市に対策を相談した。市によると、鳥居の所有者は不明。政教分離の観点から対策を講じることもできないため道路管理者として「撤去が望ましい」と判断し、新町大手線安全対策工事費約300万円を予算に組んでいた。

 地元には「昔からあった地区のシンボル」と保存を望み、取り壊しを惜しむ声もあったが、昨年7月までに、撤去の方針でまとまり、市に要望書を提出していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加