佐賀市は19日、984億円の2019年度一般会計当初予算案を発表した。合併後で過去最大だった前年度から2・9%伸びた。ハード整備や介護、子育て支援費の増加が主な要因。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加