サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームス(竹原稔社長)は18日、安心・安全に試合を観戦してもらうため、カードを使ってサポーターの持病などを把握する取り組みを始めると発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加