国学院大の柳田康雄客員教授(考古学)は19日、福岡、佐賀両県にある弥生時代の遺跡から、同時代中期の紀元前1世紀ごろに作られたすずりの一部とみられる石片3点が出土していたとの研究成果を発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加