佐賀県内の外国人労働者数が初めて5千人を超えたことが佐賀労働局のまとめで分かった。統計を始めた2009年に比べると3倍超で、県内でも人手不足を背景に、外国人労働者の存在感が増している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加