給食に混入した栓(江北町提供)

 佐賀県杵島郡江北町は19日、小規模保育所「なのはな」(大串壽春園長、19人)の給食にしょうゆボトルの栓が混入していたと発表した。給食の調理、搬入元になっている江北保育園で、しょうゆボトルを開封した際に誤って混入した。健康被害はなかった。

 町こども教育課によると、栓はプラスチック素材で、長さ1・9センチ。18日の昼食時に、2歳の園児が「中華スープ」を食べた際に違和感があり吐き出した。他に異物混入の報告はなかった。給食は、町教育委員会から委託された業者が江北保育園で調理し、同保育園と「なのはな」に搬入している。

 町教委は、業者に対し、調理時に廃棄する物があれば食材と別の場所で処理を行うなど再発防止策の徹底を指導した。

このエントリーをはてなブックマークに追加