判決を受け、記者会見する自殺した男子生徒の父親=19日午後、大津市

 判決を受け、取材に応じる弁護士(右)=19日午後、大津地裁前

 2011年10月に大津市の市立中2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が加害者側の元同級生3人と保護者に慰謝料など計約3850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁(西岡繁靖裁判長)は19日「いじめが自殺の原因になった」と判断し、元同級生2人に請求のほぼ全額となる計約3750万円の支払いを命じた。

 判決理由で西岡裁判長は「元同級生2人の暴行がエスカレートし、友人関係の崩壊や上下関係の固定化に伴い、生徒は強い孤立感を抱き、死にたいと願うようになった」と指摘し、いじめの存在や自殺との因果関係を認めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加