中小企業の連携や交流を深めるために開かれたビジネスチャンス交流会=神埼市商工会

 神埼市商工会はこのほど、中小企業の成長促進を目的とした「成長企業期待フォーラム・ビジネスチャンス交流会2019in神埼」を初めて開いた。神埼市内外の21事業所や行政関係者ら約50人が参加し、意見交換などで交流を深めた。

 フォーラムでは流通プランニング研究所代表取締役の川上正人氏が講演。川上氏は「相談相手を見つけることで、今までと異なる販売方法や品ぞろえが分かる」などと交流が販路拡大につながることを訴えた。その上で「相談相手を見つけてもらうことが開催の価値で、新しい取り組みの糸口をつかんでもらいたい」と強調した。

 その後、事業者の経営安定と販路拡大を目指す伴走型支援事業に参加した2社の企業がプレゼンテーションを実施。商工会事業に参加して経営革新に取り組んだミマツ工芸(神埼市千代田町)の實松英樹さんは「(商工会の)指導員が持つ地元企業への熱い思いを感じた」と強調。田中茶舗(同)の田中伸一郎さんは「チャレンジには成功か成長しかない。商工会にはその手助けをしてもらえる」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加