佐賀銀行(佐賀市、坂井秀明頭取)は、発行額の0・2%相当の教育物品を学校などに贈る「さぎんCSR私募債 地域の芽・育む債」を5件受託した。

 県内企業では昨年末、化粧品成分分析のブルーム(唐津市、山﨑信二社長)が1億円を発行した。業容拡大のための運転資金に使い、唐津商高に物品を寄贈する予定。佐賀市のホンダカーズ中央佐賀(大橋友文社長)は2億円。設備・運転資金に充て、寄贈先は検討中。いずれも定時償還で、償還期間は5年。

 ジャパン・コスメティックセンターの会員企業で、4月に神埼工場を操業する化粧品受託製造「東洋ビューティ」(大阪市)は5億円。神埼市内の公立学校に物品を贈ることを検討中。

 このほか、ゲームセンター・カプセルトイコーナー運営「ルルアーク」(福岡市)、福岡県柳川市の運送業「柳川合同」がそれぞれ1億円発行した。

このエントリーをはてなブックマークに追加