大規模災害時、高齢者や障害者ら自力で避難することが難しい「災害弱者」の避難を手助けする人の氏名や避難先を事前に定める「個別計画」を巡り、作成率が県内対象者の22%にとどまっていることが分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加