英南部スウィンドンにあるホンダの工場の看板=18日(AP=共同)

 英南部スウィンドンにあるホンダの工場を出発する運搬車=18日(AP=共同)

 ホンダが四輪車を生産する英国南部のスウィンドン工場を2022年に閉鎖する方針を固めたことが19日、分かった。欧州事業の伸び悩みから、欧州唯一の自動車工場で生産を取りやめて採算の改善を図る。従業員約3500人は解雇される方向だ。日産自動車も英国の生産縮小を発表しており、欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が高まる英国経済にさらに衝撃を与えそうだ。

 スウィンドン工場では小型車「シビック」などを年約16万台生産し、主に日本や米国向けに出荷していた。閉鎖に伴い、生産は日本に移管される可能性がある。16万台は英国の自動車生産全体の約1割に当たる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加