沿道の声援を独り占めにして最後はアンカー福田憲互(西九福祉会)が力強くゴールテープを切った。2日目までに16分39秒の貯金に成功した小城市は、最終日も安定したレース運びで堂々の7連覇を達成。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加