引退セレモニーで花束を手にする(前列左から)上田宏紀、藤本拓、鈴木済の3選手=神埼市の神埼中央公園体育館

 ○…試合後に引退セレモニーがあり、今季限りでユニホームを脱ぐRW鈴木済、LW藤本拓、LW上田宏紀の3選手がチームメートや家族から花束を受け取った。

 上田選手は高校時代の恩師からねぎらいの言葉をかけられ目を赤らめた。「ハンドボール人生の最後をこのメンバーとプレーできてよかった」と頭を下げた。藤本選手は多くの人に支えられたことに触れ、「これからも選手の背中を押し続けて」と呼び掛けた。

 この日、7メートルスローを決めた鈴木選手はチームが日本一になる日を信じ、「選手としていられないことは心残りだけど、サポーターとして喜びを分かち合いたい」と仲間に思いを託した。

このエントリーをはてなブックマークに追加