日本の電気工学の礎を築いた多久出身の工学博士、志田林三郎(1855~92)の肖像画を地元市民が描き、生家跡に近い多久市東多久町の東多久公民館に贈った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加