■佐賀星生学園(佐賀市)

 石井 健太郎(いしい・けんたろう)文化祭実行委員長を務め、リーダーシップを発揮した。感動を届けられる美容師を目指し、福岡美容専門学校へ。「お世話になった人の髪を切りたい」。佐賀市高木瀬西。

 吉村 琉誠(よしむら・りゅうせい)日商簿記検定などに力を入れた。解決志向アプローチに関する研究大会「ソリューションランド」に参加した。私立大文系志望。税理士や会計士を目指す。佐賀市鍋島町。

 副島 真菜(そえじま・まな)文化祭で演劇の主役や式典の司会を務めた。西九州大子ども学部心理カウンセリング学科に進む。大学院進学も見据え、「人の心に寄り添える公認心理師になりたい」。白石町。

 牟田 彩乃(むた・あやの)高校3年間、青少年赤十字に所属し、清掃活動や募金活動に取り組んだ。人と関わることが好きで販売職を希望。「困っている人を助け、笑顔にできる大人になりたい」。みやき町。

 

■九州国際高等学園(佐賀市)

 江口 天真(えぐち・てんま)修学旅行で浅草(東京)に行ったことが思い出。地域の清掃活動にも積極的に取り組んだ。サカイ引越センターに就職し、「お客さまに心から喜んでもらいたい」。佐賀市鍋島町。

 江副 雅文(えぞえ・まさふみ)地域の保育園で「江副珈琲店」を開き、豆からひいたコーヒーを振る舞った。「喫茶店を開くことが夢」。飲食の経営を学ぶため、九州産業大商学部に進学する。江北町。

 中山 亜美(なかやま・あみ)書道部や音楽部でたくさんの友人と出会い、協調性を養った。西九州大健康福祉学部に進学する。「将来は社会福祉士になって、人の心に寄り添いたい」。佐賀市東佐賀町。

 山口 華奈(やまぐち・かな)5歳から習う書道が特技。英検、ワード・エクセルの検定、簿記などにも挑戦。県内の病院への就職を目指し、九州国際情報ビジネス専門学校医療ビジネス科に進む。白石町。

 

■KTCおおぞら高等学院 佐賀キャンパス(佐賀市)

 内田 直渡(うちだ・なおと)友人と親身になって話をし、楽しく過ごした。福岡デザイン&テクノロジー専門学校に進学し、「いろんな絵を見て、ゲームキャラクターのデザインがしたい」。佐賀市北川副町。

 杉本 光希(すぎもと・こうき)明るく朗らか。1年時から勉学に励み、通学などの空き時間も活用した。スクーリングでは、他キャンパスの友人もできた。長崎国際大学薬学部への進学を目指す。鹿島市。

 中島 純平(なかしま・じゅんぺい)カナダへの留学やフットサルに意欲的に取り組んだ。福岡デザイン&テクノロジー専門学校に進学。ゲームのプランニングの知識を身に付ける。佐賀市大和町。

 後藤 都(ごとう・みやこ)佐賀のラジオ番組に2回出演し、思い出などを話した。友人とのおしゃべりが楽しかった。福岡ECO動物海洋専門学校に進学し、将来は動物園の飼育員を目指す。福岡県久留米市。

 

■神村学園武雄校舎

 古川 史也(ふるかわ・ふみや)あこがれの消防士を目指して1日10時間超の公務員試験勉強を重ねた。二輪車全国大会では3位に。「救急救命士の資格を持つ救助隊員に」と公務員ゼミナールへ。武雄市武雄町。

 一ノ瀬 実桜(いちのせ・みお)週5日のすし店でのアルバイトと学業を両立した。「大変だったけど接客など学べて楽しかった」。アイ・エヌ・シーに就職。「食品関係の資格を取りたい」。伊万里市二里町。

 石井 豪(いしい・つよし)ボランティア活動で大活躍。司会を務めた運動会での子どもたちの笑顔が忘れられない。「悩んでる子の力になれるような仕事に就きたい」と西九州大子ども学部で学ぶ。江北町。

 松添 咲樹(まつぞえ・さき)他県の学生と一緒に過ごした鹿児島でのスクーリングなど「友達と楽しめた充実した高校生活」だった。グランドスタッフを目指し西日本アカデミー航空専門学校へ。長崎県佐世保市。

このエントリーをはてなブックマークに追加